2016年07月27日

being falling into her

1279.jpg

being falling into her


「彼女のなかに落ちて行く..」というロバート関連の描写から借用の題名です..

静かで穏やかで優しく美しくありたい曲ですが、いかがなものでしょう。
あなたに愛してもらえれば幸いです..

英語版の小説を購入したので、結構曲名がいろいろと見つかりそうです..
原本は文章が綺麗なので有名でもあったみたいですね..

ではでは..
☆☆☆☆☆

PS1:「終楽章」はだんだん見えてきました。それは、フランに逢うずっと前に戦争から
    帰ったロバートがサンフランシスコの南の素敵な場所で若くて美しい女性チェロ奏者
    に数日間共に過ごして別れ、その後に長男ができたがロバートは知らなかった。
    それがこのフランへの再会の旅の中でチェロ奏者と長男に出逢うという話..
    フランとはほんの数ページだけで、ローズマン橋でちょっとした時間差で互いに
    逢うことはできなかったという描写のみ..何で??という展開..
    それにしても昔の若い女との再会話を入れておまけに知らなかった子供と逢う
    という展開..元の話だと、ロバートがあまりに可哀そうという世の中の流れ
    だったのでしょうか..それでもただの数ページなのだけど、16年後の
    ローズマン橋でのすれ違いの二人の心理描写は興味深かったです..
    神社・お寺訪問と同じでしたからね..
PS2:夏祭りは踊りの奉納とかあるのかな?とても暑い夏になりそうですけどね..
PS3:ありがとう..つながっています..そして良かったです..
    ちょっと安心しました..
posted by Piano Music Room at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする