2017年08月07日

echoes of an art of life



1843.jpg

「生の芸術の響き」

岡倉天心の「茶の本」のまえがきの言葉です。しばらくは「茶の本」にお願いしようと思います。

ようやくにフランの本からは離れます。これからは題名は違う形で見つけていきます。
何も変わらないのですけど、ちょっとクーリングダウンですね。

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆ノート:

写真ではありません。やはり絵画。一度自らの中に取り込んで表現として出す。写生が下手だった棟方志功がゴッホの絵を見てこれだと思った「表現として出す」ということ。この世界から受ける全ての森羅万象を心で受け止め、本質を理解し、小さく少ないピアノの音の流れで自らの世界を表現している訳です

◆写真:

鳥羽駅の道路にあった地図です。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:「定年女子」はまあ見ている。役職定年ってやはり切ない仕組みですよね。

■PS2:ネットミニマリスト今日から実行開始です。まずは広告関連すべて削除します。

■PS3:ありがとう。静かに深くつながっています。無理しないで下さい。
posted by Piano Music Room at 08:52| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする