2017年08月30日

mutter mit kind



1885.jpg

「母と子」

クレーの絵画。抽象的な世界の中で優しい母親が可愛い子供を抱いて鎮座する風景。薄茶系の色彩に統一された静かで穏やかな美しき世界。

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆ノート:

「ときめき」という感覚。中野信子さんが説く。これは人の脳の奥底にある哺乳類の脳をいわれる部分が感じる感覚。自分にとって快い刺激かどうかを見分けている。子孫を残すための、種の保存のための、有性生殖動物としての最も本質的な情動。そこに届く音楽を創りたい。それが究極の目的と理解した。

◆写真:

どこかの街の風景。赤坂付近やろかな。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:昔のドラマで「恋文 - 私たちが愛した男」というドラマ。昔つきあっていた女性が重病で半年の命。偶然再会した男は家庭を捨てて半年間一緒にすごすという話。1時間ドラマと思って見始めたら、なんと10回連続ドラマでした。2回目以降見るかはちょっと考えてからにします。でもなんかどきどきする。

https://www.youtube.com/watch?v=QkmPJDR7nDY

■PS2:8月がいよいよ終わります。明日はサッカーの重要な試合だしね。サウジが負けたけど全体的にはあまり変わらないか。明日勝たないと厳しい。頑張って頂きたい。

■PS3:ありがとう。静かに深くつながっています。心配ですけどね..
posted by Piano Music Room at 08:43| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする