2017年09月02日

l'effleurt de coty



1888.jpg

「コティの花冠」

ラリックの美しき香水瓶の続きです。1908年の作品です。穏やかで静かで美しき世界を見せつけてくれています。

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆ノート:

書道家が拾った鳥の羽根でさらっと書を描く。漫才師兼天才映画監督もさらりと描く。さりげなく穏やかに美しい。紙の白に対しての墨の黒。羽根のかすれの絶妙なる美しさ。何より墨の無い広い白空間が美しい。小さな世界を単純な黒の要素だけで静かに激しく描き切る。素敵な創造の瞬間。見習いたいです。

◆写真:

なんかのショーウィンドウです。覚えていないけど。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:乙女だと思っていた女神様が突然電光石火の妊娠入籍しました。すごいな。それでなれそめドラマである「戦力外捜査官」をまた見てみたら、それは面白いドラマです。結構良かったですね。このドラマ。3年前ですかね。ちゃんと見ていたけど。また見ても面白い。早く子供産んで離婚するととてつもない大女優になる予感がしますね。とほほです..

■PS2:9月になりました。8月はまあまあの成果でした。9月は少し米国で広告を検討中です。
■PS3:ありがとう。静かに深くつながっています。心配ですけどね..
posted by Piano Music Room at 09:00| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする