2017年11月16日

she could barely make out the faded red paint on the door



1962.jpg

「彼女には、かろうじてドアの色あせた赤ペンキの文字が読めた」

雨の中、夫の運転するトラックから、涙と雨と霧を透かして目を凝らすと見えてきたものです。映画でもこのシーンは素敵でした。クリントイーストウッド監督の創ったピアノ音楽が美しすぎるからね。美しく優しく健気なフランでした。

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆写真:
ホテルから見た阿寒湖の眺めの続き。曇り空がかえって美しいですね。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:最近youtubeでいろいろな映画の分析をしてくれるビデオが多々あります。流れで「シャイニング」を見てしまったら、それまでの自分の理解があまりに表層的であったことを知る。衝撃や。なのでこれから「シャイニング」を見ます。字幕だけどね。頑張る。そもそも「シャイニング」という言葉が「超能力」だということも理解していなかった。なんやねん..圧倒的な映像美に押しつぶされていたからでしょうね。
■PS2:突然気が変わって、それまでのすべてを捨てて、次の恋へとジャンプする。残されたものはどうすごすのだろうか。ケイちゃんは毎日世界へ飛び立っていく。再びめぐり合うことができるのでしょうかね。すてきな恋の物語。気まぐれな女神様が取るに足らない彼に一瞬の夢を与えてくれた。そのエネルギーは無限の力を持ち、そこから毎日生まれ飛び立って行く。
■PS3:静かに深く穏やかにつながっています..ありがとう..


あんまり重くなったので、お知らせ分は削除しました。





posted by Piano Music Room at 09:15| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする