2017年12月08日

I'll have mede it into something of my own



1983.jpg

「わたしはそれを自分のものにしてしまうんです」

月曜日の午後、最初の会話のとき、彼はフランに自分の仕事のことを説明しました。カメラマンとしての自分の仕事を、レンズやカメラ・アングル、全体の構図とか、いろんな要素をあるやり方で組み合わせることによって、最終的に自分のものにしてしまうという説明をしています。でもこのピアノ曲を創るのも同じような気がしてきました。今やっているのは、どれだけ少ない音で美しく優しく穏やかな世界を創るのかということなわけですが、少ない音の中での個性がにじみ出て欲しい訳です。なんてね..

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆写真:
埼玉アリーナの隣のビルです。続き。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:「阿寒に果つ」の続き。高校時代から既に天才少女画家として有名だった純子との話。高校の中での図書館での話とか、手紙とか、仮病とか、修学旅行とか、短い中に走馬灯的なシーンがちりばめられている。実在の写真も見ることができるのですが、とても個性的です。それが医者を目指す若き青年のこころの奥底に深く刺さってしまって一生を決めてしまっているのでしょうね。すてきな話です。彼女からの手紙は札幌の渡辺淳一記念館に展示されているようです。すごいな。人生。
■PS2:誕生日がクリスマスに近いことはきっと不幸なのかな。一緒になってしまうからね。ちびさんは図鑑が良いと言っているのだけど、選ばなければ。
■PS3:静かに深く穏やかにつながっています..ありがとう..

◆新しいセレクトアルバム「ピアノ万葉集第10集」の配信が開始されました。

AWA:日本の音楽配信サービスで配信開始されました。Line Musicでも公開になっています。

https://s.awa.fm/album/1882783b613cf35b5364/?playtype=copy_album&t=1511244664



spotify:
https://open.spotify.com/album/3FAOCt38u3PmPU8bq0ewH4



Apple Music:
https://itunes.apple.com/jp/album/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E4%B8%87%E8%91%89%E9%9B%86-%E7%AC%AC10%E9%81%B8/1315507923




posted by Piano Music Room at 08:20| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする