2017年12月20日

and be peeled back by a force she could sense



1995.jpg


「彼女が感じ取れる力によって服を脱がされること」

一部だけを抜き出して曲名にしたものを訳すと変な文章になってしまいました。あの不思議なフランの瞬間。最初に彼が来て明日の橋の撮影のために帰った後のフランの不思議な行動。優しく穏やかで美しく大胆で可愛いフランの瞬間の想いからの流れです。すてきですね..

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆写真:
なぜか最近良く使う中華料理屋さん。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:「心ときめく万葉の恋歌」を購入以来、1日に1首は読んで理解したいのだけど、まあ2日に1首のペースです。それでも本当に素敵な出逢いが続きます。1000年も前の人達の想いがそのまま歌の中に焼き付けられている感じがする。短歌というのは極限まで短い文章なので、そこに封じ込められた想いはより深くより瑞々しく1000年の時を超えてもしっかりと息づいているように感じます。そういう曲に降りてきてもらいたいものですけどね。
■PS2:屋台の金魚屋さんって見たことがあるかな。昭和でのお祭りとかで見たことがあったのかも知れないけど、それはすばらしいものな感じがします。「蜜のあわれ」という映画はまあつまらないのだけど、というか主演女優は金魚という感じではないのですが、神社の境内の中の金魚屋さんの屋台が美しいですからね。
■PS3:静かに深く穏やかにつながっています..ありがとう..




posted by Piano Music Room at 09:04| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする