2017年12月25日

genuine and profound feelings



1999.jpg


「純粋な深い感情」

子供達からフランの話を小説にすることを依頼されたときに、作者がフランの物語の中に見出したことがこの感情。人々は日に日に無神経になっていくこの世界で、大恋愛であるかもしれないものをせせら笑い、純粋な深い感情に感傷のレッテルを貼ってしまいがちなので、作者はこの物語を書くと決めたのですね。素敵なことです。フランの穏やかで優しくて大胆で美しい気持ちが作者の決意を引き出したのですね。(^o^)// meryy christmas.. !!

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆写真:
結婚式の披露宴がいつも行われているホテルに飾られている花です。ゴージャス。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:演歌歌手の子供達が世界で勝負する歌手になっている事例が増えています。つまらない空きやすいリズムだけのうるさい音楽ではなく、歌そのもので人のこころを動かす歌手。そこには世界に通じるこころが存在するように思う。自分の音楽もそうありたいものです。残念ながら石川さゆりさんの娘さんは歌手ではないのですね。それは残念。
■PS2:昨日は第4日曜日なので骨董市のはずだったのだけどやっていませんでした。せっかく買うもの決めていたのに。クリスマスなので予定が変わっていたのでしょうね。残念。(今調べたら12月10日だったのでした)
■PS3:静かに深く穏やかにつながっています..ありがとう..
posted by Piano Music Room at 07:47| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする