2018年05月03日

it was quiet



2133.jpg

「静かだった」

フランが彼を最初に屋根付き橋に案内したときに、その夏の午後の白っぽい陽光のなかでその静けさを感じていたのです。穏やかで優しく情熱的なフランですね。

あなたに愛してもらえれば幸せです。

サンフランシスコ在住のnaldoさんは毎日soundcloudで聴いてくれるとてもありがたい写真・ビデオ・音楽・映像のアーティストですが、自分の曲をギター用に演奏しなおしてsoundcloudで公開してくれました。とてもすてきなコメントと一緒にです。soundcloudの宝石と呼んでもらってしまいました。お世辞にしてもとても嬉しいです。良かったら聴いてみて下さい。

https://soundcloud.com/naldeau/bottle-unopened-glasses-empty-guitar

なんか嬉しいのでnaldoさんのsoundcloudでの紹介文とコメントに対する彼の応答をここで載せておきます。嬉しい言葉が満載です。感謝..

This is a song by chair house of Tokyo who was generous in allowing me to arrange and record it for guitar. His music is one of the gems of soundcloud. He calls his musical project "Piano Ten Thousand Leaves", based on an ancient anthology of Japanese poems. His mission “is to create gentle, calm, peaceful, beautiful, relaxing piano music and share it with all human beings." He writes, records and posts one beautiful piano composition a day and has not missed a day since he started the project on February 2, 2014. His goal is 4,536 songs. This song is number 1,479 which he posted on January 2, 2018. I admire his music enormously and look forward to each of his daily compositions. Hopefully I do him justice with my version here.

Please visit and listen to his original piano music at @chairhouse.


John McLaughlin at 1:04:
This is gorgeous! The guitar has a deep resonance that is very piano-like. I need to check out chair house.

Posted 1 day ago1 day ago
naldo at 1:04:
@john-mclaughlin: thanks john. yeah, listen to him. i hear traces of debussy, satie, sakamoto all filtered through his wonderful sensibility & technique. each piano piece is like a beautiful watercolor he paints for us each day.

Posted 1 day ago1 day ago




◆写真:
東大寺の中のポスターの写真。聖徳太子でしたっけ。そもそも聖徳太子の存在自体はそうとう危うくなっていますけどね。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:「海がきこえる」のいちばんすてきな部分は、二人で東京へ出てきて新宿のホテルに泊まったとき、里伽子の東京時代の友達と逢って、そして主人公である杜崎君が怒って、その直後に里伽子が一瞬にして大人に変化するところです。「ひどい東京旅行になっちゃったわね」。氷室冴子さんが亡くなられたのは本当に残念です。まだまだ創作したかったでしょうにね。
■PS2:うん、とてもたくさん遊んでもらって嬉しい限りです。完全に手玉に取られているというのが正しい姿。
■PS3:ありがとう。いつだってつながっています
posted by Piano Music Room at 08:09| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする