2018年12月11日

you have me inside of you as a willing prisoner



2364.jpg

「あなたのなかに閉じ込められているのよ。喜んで囚人になったのだけど」

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆お知らせ: もう一日継続させて下さい。

alena_lightさんという方がまたビデオを上げてくれました。
不思議な回転模様デザイン。5日で17万回再生はすごいかな。

https://www.instagram.com/tv/Bq9r_4jigkG/?utm_source=ig_web_button_share_sheet


◆写真:
沖縄のホテルの中の風景。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:「NHKスペシャル:ロストフの14秒-日本vsベルギー知られざる物語」を見た。何ともいろいろなことを考えさせられた番組。日本の2点目が入ったとき、長谷部選手が西野監督に「これで良いのか?」と聞いたときに、何の具体的な指示を出せなかったという監督のコメント、長谷部選手の考えられない凡ミスを見て浮足立った日本の選手たち、2点目を入れられて同点に追いつかれたときに日本選手は本気になったベルギーには守りきれないと心底感じていたこと。そういう流れがあってロスタイムでの本田選手のフリーキック。日本はこのチャンスで何としても点を取ると集中し、キーバーの超絶ファインセーブ後の運命のコーナーキックでもコロンビア戦の大迫選手ヘッド弾に頼る日本。そうなったのは仕方がないですかね。だけどこの最後のコーナーキックでのリスク管理がちょっと徹底できていなかったです。吉田選手、昌子選手は遺伝子に刻み込まなければ。酒井選手はどこにいたのか。山口選手はどうすべきだったのか、柴崎選手が残っていたらどうなったのか。日本中の全サッカー選手がそれを真剣に考え、遺伝子に刻み込まなければなりません。それでもあの場面でコーナーキックで攻めない選択肢は日本にはないですよね。それが日本の文化やからね。オシムさんやザックさんは良くわかっておられました。
■PS2:別仕事の最終打合せが近づきます。今日は一度全体準備を行います。淡々とね。
■PS3:完全に切れていますかね。夜景の曲が3回ならわかります。2018年5月5日に古い曲達を再びアップロードしています。

capricious, promenade, Fuchsia, Majoram, Planetary, Hitomi wo tojite, Reunionとかです。次のURLで直接飛んで行けます。

http://chairhouse.seesaa.net/archives/20180505-1.html
posted by Piano Music Room at 07:57| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする