2018年12月13日

barely fluttering on a windless night



2366.jpg

「風のない夜のなかで、ほとんど揺らめきもせずに」

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆このブログが音楽部門で308位になっていました。普通は500位位なのだけどね。ちょっと嬉しいです。皆様に感謝です。


◆写真:
沖縄の空。ダイナミックで美しいです。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:偶然ですが昔のドラマ「ビブリオ古書堂の事件手帳」の初回を見た。夏目漱石の「それから」に関係する物語。祖母が亡くなって祖母が所有していた夏目漱石全集を古本屋に売りに来た孫のダイスケ。その全集の中の、「それから」が収録されている8巻だけに署名がされていたことからこの本が祖母へのラブレターだったことを見出した剛力彩芽さん演ずる店長さん。店長曰く、「この本の主人公は、人妻と恋に落ちるんです。愛しいひとのために、将来も、財産も、家族も、友人も、すべて投げ捨てて、彼女と二人だけで、新しい人生を歩んで行くことを選ぶ。そういう物語です」結局、ダイスケはその本を祖母に贈った人との娘の子供であったことがわかる。なんか穏やかに妖しく美しいお話でした。きっと原作がすばらしいのでしょうけど、ドラマも、まだまだ初々しい剛力さんや、セピア色に統一された画像の美しさ、ストーリー展開の優雅さとか、本当にすてきなドラマです。でも2話以降はつまらなかったという記憶。それにしても「それから」にはやはりすごいエネルギーが充満しているのですね。また見たくなりました。

■PS2:別仕事:いよいよ今日は重要な打合せです。この日のために昨年暮から仕込んでおりましたので、まあ2018年はこの仕事のためだったのかも知れません。まあ淡々とゆっくりと進めます。
■PS3:完全に切れていますかね。夜景の曲が3回ならわかります。2018年5月5日に古い曲達を再びアップロードしています。

capricious, promenade, Fuchsia, Majoram, Planetary, Hitomi wo tojite, Reunionとかです。次のURLで直接飛んで行けます。

http://chairhouse.seesaa.net/archives/20180505-1.html
posted by Piano Music Room at 06:05| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする