2019年09月03日

but she would stay for a few minutes



myimage190903.jpg

「彼女はしばらくそこに坐っていた」

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。

◆新しいアルバムのための選曲作業。ちょっとお休み。今日中には決めたい。

◆身近な人の体調が悪くなったとの連絡があった。予想もしなかったこと。かなりショックなできごとです。

◆写真:
水の中の何かを続けています。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:Youtubeを見るのが日課ですが、玉置浩二さんの「行かないで」という歌を知る。古い歌のようですが、それはすばらしい曲です。昔の李香蘭のドキュメンタリーのために創られた歌のようですが、こころを直撃する。美しい李香蘭の若き日の姿とこのロマンティックでノスタルジックな音楽とのコンビネーションが美しい。写真を見せてくれたときに写真を撮るという知恵が回らなかったことは万死に値します。



■PS2:歴史勉強。少しずつ進む。神功天皇が邪馬台国を滅ぼし豊国を統治したその後がようやく見えて来た。蘇我氏、物部氏が行橋にいたこと。聖徳太子の秘密、大化の改新、白村江の戦い、壬申の乱、そして日本書紀・古事記の作成。全体像をまず押さえたい。でもなかなか難しい作業。現地放浪用の地図を創らなければならないし。

■PS3:なんかうまく期待するようには見えないことがわかりました。難しいな。なにかシステムを変えてしまったのです。研究中。

2019年7月2日から数日間古い曲をアップしました。古い曲だと再生してもらってもアクセスログに残らなくなってしまっていたのです。なので、一度リフレッシュしています。このブログのカテゴリで<古い曲>を選んでもらえればこれらの曲達だけが表示されるはずです。

夜景の曲を3回でわかりますが、全く何もない今日この頃です。

hitomi wo tojite, reunion, planetary, promenade, capricious, Marjoram, Fuchsia とかです。


-------------------------------------------------------------------------------------------------

★お知らせです:

chair house オリジナルグッズ販売ショップのお知らせ
https://chairhouse.booth.pm
posted by Piano Music Room at 08:09| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする