2020年01月30日

again that night



myimage200130.jpg

「その夜、ふたたび」

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。

◆写真:
新しい美術作品創造を研究しています。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:「ラストレター」見て来ました。生涯を賭けた恋物語。驚愕の同窓会シーンから始まる誤解な手紙によるコミュニケーション。高校時代にマドンナと彼女に恋した男の物語。まだちょっと吸収しきれていません。嫌な部分も挿入されていたから。でも必要な部分なんでしょう。その部分がとてもこころを締め付けている。創り手のねらいかな。最後のほうで、山の中の学校そばのT字路で白い服を着た二人の少女の写真を撮るのですけど、このシーンを見れただけで、歩いて映画館へ行ってお金払って予告編見て、そして本編を見た価値はあったと感じています。そして重要な真実。マドンナの子供はやはり女の子である必要がありますね。その娘は母親とそっくりになるのです。エレナはそうだったし、この映画もそう。それと、この映画は映像が綺麗なのだけど、舞台となる場所、そしてロケ場所は仙台を中心とする宮城県。同窓会を抜け出した主人公の女性がバスを待っていると主人公の男性が追いかけてきて、そこへ来たバスはあの色の宮城交通バスなわけです。といった状況です。まだまだただしく吸収できていませんが、それでも負の部分も含めてきっと大好きな映画です。でも、負の部分を考えると苦しい。

lastletter.jpg


■PS2:最近楽天マガジン始めてます。すごい数の雑誌が読める。毎日毎日幾つもの週刊誌新刊が登録されるのです。今日は文春と新潮とかね。完全にはまってしまっています。昨日映画を見た帰りに本屋へ寄ったのだけど、雑誌コーナーは全く興味が無くなりました。もう本屋さんの意味がますます低下してしまいますね。

■PS3:困りました。ですが、最新の生まれた日の曲を3回聴いてもらえればわかります。
posted by Piano Music Room at 07:40| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする