2020年02月20日

in the mysterious way



2382.jpg

「不思議な成り行きの中で」

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。

◆創作メモ:ここに載せてみます。

不思議なものでこころの状態によって降りて来てくれる曲は全く変わってしまう。こればかりはしかたがないのでしょう。今は毎日を穏やかに静かに暮らしているので完全にそういう曲調になります。これは大変にありがたいことですが、曲としていつも同じようだと聴いて頂くかたからするとどうなのだろうかなとは思います。でもまあテクニックとかあるわけではないので自分ができることは限られているのですが。

「わたしのこころ」という曲があります。これは本当に嬉しい気持ちに溢れて想いがそのまま出てきた曲なのです。こういう曲がまた降りて来てくれると嬉しいです。

http://chairhouse.seesaa.net/article/441191396.html


◆写真:
昔の写真を発掘しています。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:先日注文していた「谷崎潤一郎の恋文<松子・重子姉妹との書簡集>」という本が来ています。でもあんまり見れていないのだけれど。未公開書簡288通を含む全351通だそうな。ちょっと喪失した手紙があって往復の手紙の連続のようになっていないのが残念なのですが、二人の息遣いが聞こえてきそうな手紙の流れ。メールだったら日時付きで完全なやりとりが残っているのですけど手紙ですからね。でも良く分析していくといろいろと見えてくるのでしょう。春琴抄や細雪の創作の裏側が織り込まれた手紙列となれば、それはちょっと興味深い。でも1年はかかりそうです。夏目漱石に続いての文豪恋愛調査ですかね。

■PS2:昨日はコロナウィルスの影響で流れを変えました。なのでとてもいつもより当方負担増。でもがんばりました。でもうちに来た方が良い子なちびさんでした。今日はちびさん後に古本屋へ行かなければいけません。

■PS3:困りました。ですが、最新の生まれた日の曲を3回聴いてもらえればわかります。
posted by Piano Music Room at 07:58| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする