2020年02月21日

eventually he began to see that light



2381.jpg

「やがて、彼はあの光に気づいた」

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。

◆創作メモ:ここに載せてみます。

もっともっとひとつひとつの音が美しくなってくれないといけない。特に複数の音を重ねたときのひとつひとつの音の大きさのバランス。それぞれ適正な強さでなければならない。でもなかなかそうはなってくれない。こころの中ではもっと綺麗に澄んだ音のはずがだんごになって濁ってしまう。それは嫌だ..それは想いとは違う..だけど広げなければ未来はない..あと2200曲の流れの中で奇跡に出逢えることを願っている。そしてあなたは涙を流す..


◆写真:
昔の写真を発掘しています。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:古本屋へ行ったけどまあ本買わんかった。何だろか。本幾つも買って読めていない本が床から野積みされて自分の身長の半分にまで達してしまったからかな。部屋が汚いので困るけど、壊れた液晶モニタを捨てるのが難儀や。買うのは一瞬。捨てるのは心が挫かれます。でも頑張らなければ..

■PS2:最近の楽しみは「でこぽん」食べること。美味しい日々。でこぽん好きや!!でも昨日は売り切れていた。なので、そのでこぽんの隣に売っていていつも気になっていた、ちょっとお「でこぽん」より値段の高い「愛媛県産:甘平(かんぺい)」というでこぽんみたいな柑橘を購入。ふたつで500円。そして楽しみにしてわくわく皮をむく。とてもむきやすく良い感じ。そして食べる。そしたらな、なんと水気抜けてぼそぼそや..なんだこれ!! 幾つかだけかと思って全部食べてみたけど、全部そうで、味は抜けて、気持ち悪い食後感ばかり残る。ひとつ食べたら500円くれると言われても絶対に嫌や。最低です。皮剥くときにおかしな傷とかは感じなかった。こんなもん売っているのか??愛媛県とはそういうところなんやな。ということでとても気分が悪い一日となりました。「愛媛県産:甘平(かんぺい)」、覚えたぜ、絶対に買わん。P.S. いま、もうひとつの甘平をむいてみたら同じやった。もう、本当に酷いことです。

■PS3:困りました。ですが、最新の生まれた日の曲を3回聴いてもらえればわかります。
posted by Piano Music Room at 07:55| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする