2020年03月14日

he had done that thousands of times - #2282 by chair house 03142020



2219.jpg

「これとまったく同じ動作をすでに何千回もやってきたにちがいない」

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。

◆創作メモ:

美しい音楽は美しい子孫を残すための美しいつながり。ひとの遺伝子の中に組み込まれた、言葉以前の情動伝達手段。ひとの声で歌うことはより本質であるのだけど、自分的にはピアノという媒体を使ってこころの中の想いを音楽として生み出すことを続けている。この音楽があなたに届いて、あなたのこころに到達して、そしてこころが動いてくれるとうれしいです。カナリヤのオスは一生懸命歌ってメスの気を引く。それしか配偶者獲得の術はない。同じ感じがしてきましたが、いずれにしても運が良ければ4356曲を実現して届けたいものです。

◆写真:
昔の写真を発掘しています。

ではでは..
☆☆☆☆☆

=====================================

■PS1:リアルタイムの会話ではなく、手紙やメールでのやりとりの恋愛小説や映画が見たいかな。やっぱり思い出すのは「ハル」ですね。パソコン通信時代のメールでのやりとり。最後の始めての出逢いのシーンが一番好き。教えてもらった「錦繍」という小説。手紙でのやりとりなのだけど、この話はちょっと怪しい部分がある。それは、それぞれの手紙が長すぎること。1062通の恋文をやりとりした女帝エカテリーナ2世とその家臣のポチョムキン。海老の話とか恥ずかしい。映画の「ラブレター」と「ラストレター」は手紙でのやりとりの微妙な混信がきっかけの面白い展開。「谷崎潤一郎の恋文」はきっとそこにはすごい人生の真実が秘められているのだろう。メールだと全部保存しておけるけど手紙は大変ですかね。天井裏とか。

■PS2:プール行かなくなった分、時間ができて仕事(?)に集中しています。まあこれも良いかな。ちびさん対応も今週は無かったのでかなり時間は取れました。これでは言い訳できません..

■PS3:もう完全に見えなくなりました。ずっと考えています。少し探索してみます。

☆☆☆☆☆

◆自分の曲をサンフランシスコ在住のnaldoさんがもうひとりの人とギター+オーケストラで演奏してくれました。なんか嬉しいです。

posted by Piano Music Room at 08:46| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする