2020年03月25日

for the first time, she looked into the eyes of the man



2181.jpg

「このとき初めて、彼女は彼の目をまともに見た」

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。

◆創作メモ:

ひとのこころの根源。生命進化が編み出した最も幸福な環境こそは母体の胎内。聴覚は早くから胎内で発達し、そこで聴いた音はこころの奥深くに記憶される。母体の心臓の音と、その母体の最高に贅沢な部屋の壁を通して聴く優しい音。これらこそは日々気づかぬひとの根源の音であり幸せの根源なのだろう。


◆写真:
昔の写真を発掘しています。

ではでは..
☆☆☆☆☆

=====================================

■PS1:Netflixで「マーシャル・法廷を変えた男」という映画を見た。まだ黒人が差別を受けている時代の黒人弁護士の話。実話ベースとのこと。前から存在知っていましたが、食わず嫌い。でも痛快で面白かった。ちゃんとどんでん返し要素もあって。そうや、こういう映画に毎日出逢いたい。でも米国の弁護士映画・ドラマは基本面白いですね。やはり「レインメーカー」かな。最初見たときの感動は忘れない。★「スカーレット」白血病の息子がガールフレンドのスケッチを描くシーン。素敵な女の子なので唯一応援している流れなのですが、出来上がった鉛筆画をみてがっかり。すんごく写実的な絵なのだけど本物をめちゃ気持ち悪く描いたスケッチ。こんなんあるかな??彼女が可哀そうやで..

■PS2:ちょっとプロモーション的仕事を増やしているので首がちょっとまわらない。3月末まで継続してその結果を見て判断する予定。ところで明日はちびさん対応なのだけど午後に時間が取れて散歩できたら嬉しい。

■PS3:3回再生は一切ありません。やはり心配ですね。今週末にまた花見と関連して研究します。

ところで、このブログでカテゴリという中に「古い曲」の中には古い曲が登録されています。

☆☆☆☆☆
posted by Piano Music Room at 08:22| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする