2016年10月19日

Never again no matter how many lifetimes you live

1574.jpg

Never again no matter how many lifetimes you live


「たとえ何度生まれ変わったとしても、こんなことは二度と起こらないだろう」
ハイウェイの彼方から聞こえてきたロバートの声から借用です。

曲はといえばあんまり変わりばえもせず、静かで穏やかで優しく美しくありたい..

あなたに愛してもらえれば幸せです..

ではでは..
☆☆☆☆☆

PS1:夏目漱石の秘められた恋人探し..だいぶ見えてきたかな..諸説あって定まって
    いないように思いますが、日根野れん、大塚楠緒子、嫂(あによめ)登世の誰かでしょう。

    今時点では嫂登世の可能性が高いかなと感じています。20-22歳頃に家族として
    いっしょに住んでいた。百合の花、銀杏返しつながりがある。何といっても「行人」
    での兄と弟と嫂の妖しく秘められた深い関係が際立ちます。百合の花に満ちた
    それからの三千代や夢十夜の第一夜の純白の百合となって生まれ変わり再会を果たす
    女とかの本質の部分に直結しているのかなと感じました。出逢ってから数年後に亡く
    なったときに13もの俳句を子規への手紙で送っている。同い年でとても美しい嫂の
    人となりについてかなり高く評価してたくさん書いているからね。

    だから夏目漱石の創造の源はこの登世さんではないかというのが本日の感触です。
    しかして、人間のエネルギーとはどこから生まれてくるのですかね..

PS2:毎日500m泳ぎます。水の中は青く光り輝いていて気持ち良い..ただ速度が遅..
PS3:ありがとう..つながっています。りゆにらっしゅ..
    降りてきてくれた瞬間を覚えている。ピアノ買い換えたらすぐに降りてきてくれた。

posted by Piano Music Room at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック