2016年10月28日

Ways that whisper to you in the final moment before sleep comes

1603.jpg

Ways that whisper to you in the final moment before sleep comes


「眠りに落ち込もうとする直前に、人にささやきかけてくるしぐさ」フランの想い出より..

本日の曇った秋の空から降りてきてくれた曲です。静かで儚く優しく美しいでしょうか..
あなたに愛してもらえれば幸せです..
ではでは..
☆☆☆☆☆

PS1:転居準備のために広田先生宅を訪れた美禰子のシーンは三四郎の中でも気になる
    場面ですが、これはリアル世界での漱石が法蔵院に転居した時に楠緒子の訪問に
    重ねてのシーンだとの指摘がとても真実味があると感じます。明治27年10月に
    楠緒子との結婚の可能性が復活しそして壊れたという事実がある。この10月に
    楠緒子が法蔵院の漱石を訪ねたことは当時の社会性からすればかなり大変なこと
    でしょう。「楠緒子の作品「客間」からすれば、漱石と楠緒子は、いったんは
    破滅の深淵に近づいてから生き延びたと推察される」のだそうな..
    ふたりにとって人生を決める大きな事件だったのでしょう。それでも時代が
    漱石の親友との婚約破棄は許さなかったのでしょう..なんか見えてきました。
    そうでなければ三千代さんは出てこないと感じます..
PS2:徒然草の朗読(現代語訳でしょう)をyoutubeでちょっと聴きました。
    いやあこれはすごい..まるで現代のエッセイを読んでいるのかと思う..
    ひとというものを本当に深く本質までとらえてユーモラスに適格に表現してる。
    かなり奥ゆかしい日本人らしさで満ちていますけど、結構グローバル情報
    (インド、中国)も満載ですね。不可思議なことよ..
PS3:ありがとう..つながっています..無理しないで下さい..
posted by Piano Music Room at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック