2017年12月21日

the design supremely elegant



1996.jpg


「意匠は優雅このうえない」

最初に彼に見詰められたときに、フランはその顔、その銀髪、軽やかな身のこなし、太古からのしぐさ、人の心を惑わせるしぐさ、人を惹きつけずにはおかないしぐさ、種を問わず、雄と雌のあいだの分子の距離を変えてしまうしぐさを感じる。人間に必要なただひとつのもの。エネルギーは限りなく、意匠は優雅このうえないと感じたのです。まあ彼に惹かれ始めてしまったということですね。すてきな表現なので嬉しいです。

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆写真:
そのホテルの美しい庭の一部。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:「ふたり」という小説が直木賞候補になったとのニュース。せかおわというバンドの紅一点キーボード女性が書いた作品。自身とバンドリーダの特別な関係をベースにした5年間掛けて書き上げた内容がなかなか面白そう。14歳に運命の彼に出逢うところから、不思議な付き合いを経て、バンドに誘われ、バンドで曲を創り世に出て行く話のようです。本人達のリアルな経験をベースにした物語のようですが、このふたりはちょっと変わっているようです。読んでみようかな。それにしても処女作の新刊本を直木賞候補にするというのは、直木賞も結構話題作りに困っているようですね。芥川賞に負けっぱなしなのだろうから。
■PS2:12月度の売り上げがちょっと不足気味です。まあ手入れていないので仕方がないですが早く数本の柱を投入する必要があります。がんばろう。今年は調査の年、来年は発展の年ということにします。
■PS3:静かに深く穏やかにつながっています..ありがとう..




posted by Piano Music Room at 10:02| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: