2017年12月23日

then come the words



1998.jpg


「言葉はあとからやってくる」

子供達にフランと彼の物語を書いてもらえないかとお願いされた作者は、彼らに会って話を聴く。するとひとつのイメージが先に浮かんできた。まず初めにイメージが浮かばなければならない。言葉はあとからやってくるのだから。なんか素敵な創造の真理が書かれている。まあ小説ならば言葉は後からやってくるけど、音楽には言葉は不要。というかイメージだけのより原初的な創作。でも真理はイメージにあり、そしてそれは一瞬ですべてが決まるということ。

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆写真:
同じホテルの中にあった絵画の続き。すごい蝶達ですね。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:「マチ工場のオンナ」はかなり好きで見ているのだけど、そして主人公の内山理名さんががんばって何とか工場をうまく運営してきて、高額なNCマシンを購入して、みんなで社員旅行へ行くシーンで今回は終わりました。ここまではとても良かったのだけど、その後で次回の最終回の予告編でリーマンショックの影響で突然の苦境にさらされるということがわかり悲しくなりました。予告編は良くないよな。なんか楽しくない。残念な予告編でした。まあ見ますけどね。
■PS2:画像処理用のPCが壊れてしまいました。この年末の忙しい時にね。まるで立ち上がらない。困ったものです。まあ頑張ろう。PCが壊れる度にデータがどんどん失われていくのは、人の記憶や想いと同じなのかなとか考えたりします。最悪PC購入なのかな。高性能マシンなだけに困ったものです。クリスマスカード創れないよ..あれ、今朝は寒いと思ったら、PCが壊れて止まっているからでした。いつもたくさん計算させているので暖房替わりになっていたのですね。なんか切ない。
■PS3:静かに深く穏やかにつながっています..ありがとう..




posted by Piano Music Room at 08:45| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: