2018年01月03日

in an increasingly callous world



2007.jpg


「日に日に無神経になっていくこの世界で」

フランの物語が世界で広く受け入れられると信じた作家が感じていたことです。何の反応がなくても何も気にせず、静かに穏やかに想い続けるということですかね。優しく穏やかで美しく可憐なフランですからね..

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆写真:
ブルーボトルの看板です。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:藤崎彩織さんの処女小説「ふたご」を買いました。初詣の帰り。最初の1ページを読みましたが、不思議満載の瑞々しい恋する女の子の複雑な想いに満ちている。セカイノオワリというバンドのことは全く知らなかったのですけど、直木賞の人気復活のための必殺技である素人処女作の直木賞候補にするとんでも話題作り作戦の影響で興味を持って勝ってしまいました。少しずつしか読めないだろうけど楽しみです。きっと全編屈折した恋愛の想い満載なのだろうからね。
■PS2:昨日の朝、初詣に行きました。早朝の神社は人が少なくてとても気持ちが良かったです。早朝の神社の空気が気持ち良いと言った女神様もいましたね。日本人の歓びですね。
■PS3:静かに深く穏やかにつながっています..ありがとう..毎日たくさん再生してもらっていますが、昨日は1曲だけ気になる再生がありましたけど、まるで違うと思います,,(^o^)//
posted by Piano Music Room at 08:36| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: