2018年08月26日

enter the realm of gentleness required to understand the story



2249.jpg

「彼らの物語を理解するのは、そのために必要なやさしさをもつのは、楽なことではない」

フランと彼の物語を聞いた作家が書いたまえがきの中の表現です。穏やかで優しく美しいフランでした。

あなたに愛してもらえれば幸せです。

◆写真:
牛久シャトーの中にある展示室にあった葡萄の絵(標本の絵なのでしょうか)です。しばらく続きそうです。あとちょっと。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:昨日お祭りに行ったときの帰りに本屋によったら「ツバキ文具店」の文庫本を見つけたので購入。帯のコピーが秀逸。「大切な人への想い、あなたに代わってお届けします」。この本の中には手書きの手紙が幾つも掲載されています。ドラマでもその手紙が紹介される仕組みでしたけd、本当に手書きの手紙には味があります。相手のことをいろいろと考えて手紙を書くプロセスが本当にすてきな原作でありドラマでした。なんか嬉しい本を購入できました。

■PS2:ちょっと遅れましたが行ってきました。暑かったです。残念ながら知り合いは誰もいなかったけどまあ行けて良かったです。けじめですね。来年も行かなければ。やっぱり居合抜き。すごい切れ味をお披露目していました。生ビール飲んで帰りました。
ところで、もうあたりの駅は地下化の工事がものすごいです。昔の風景やスーパーマーケットとか無くなっています。ぜんぶ地下になるととても良い場所になるのでしょうね。

■PS3:完全に切れていますかね。夜景の曲が3回ならわかります。2018年5月5日に古い曲達を再びアップロードしています。
capricious, promenade, Fuchsia, Majoram, Planetary, Hitomi wo tojite, Reunionとかです。次のURLで直接飛んで行けます。

http://chairhouse.seesaa.net/archives/20180505-1.html
posted by Piano Music Room at 08:22| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: