2019年09月12日

It was almost more than she could deal with



myimage190912.jpg

「それは彼女が対処することができる以上のものだった」

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。

◆旅行中です。かなりのポイントへ到達して感じて記憶している。

◆写真:
水の中の何かを続けています。

ではでは..
☆☆☆☆☆

■PS1:今回の旅行で強く感じていることがある。それはこの時期に旅行したことが大きい。それは日本は、そしてこの地域は特に自然の生命力に溢れているということ。先日のギリシャの島へ旅行で感じた希薄な生命力との真反対。その素晴らしさを強く感じる。加えてどこにでも広がる稲穂の世界。古代いつから稲作が効率的に実行されていたか良くわかりませんが(あとで調べますが)、稲作とは文化であり政治ですね。このエリアがこれほどまでの稲作の最強エリアだったとは想像すらしていませんでした。これはすごいです。奇跡の鉱物資源を生み出す白く輝くピラミッド山の周囲が見渡す限りの稲作される最強の王国だったのですね。そういうのを感じています。

■PS2:「マチネの終わりに」という映画の予告編。なんか素敵です。「もし洋子さんが地球のどこかで死んだって聞いたら僕も死ぬよ」だそうです。49歳の石田ゆり子さん主演。今が一番美しい女神様。原作も面白いのかも知れません。最近ある記事を読みました。これはとても深く気になる記事。昔の記事なのだけど当時の状況が見えています。女神様やその家族も登場してくる。今はどうなっているのだろうかとますます気になる記事。世界は繋がっています。そして続いています。

■PS3:なんかうまく期待するようには見えないことがわかりました。難しいな。なにかシステムを変えてしまったのです。研究中。

2019年7月2日から数日間古い曲をアップしました。古い曲だと再生してもらってもアクセスログに残らなくなってしまっていたのです。なので、一度リフレッシュしています。このブログのカテゴリで<古い曲>を選んでもらえればこれらの曲達だけが表示されるはずです。

夜景の曲を3回でわかりますが、全く何もない今日この頃です。

hitomi wo tojite, reunion, planetary, promenade, capricious, Marjoram, Fuchsia とかです。


-------------------------------------------------------------------------------------------------

★お知らせです:

chair house オリジナルグッズ販売ショップのお知らせ
https://chairhouse.booth.pm
posted by Piano Music Room at 05:31| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: