2020年04月19日

if that was possible



youtube video top image 200419 0.jpg

「それはできなかった」

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。

◆本日も本日の曲を創作した瞬間のライブビデオをYoutubeにもアップしました。考えてみると、自分が天からケイちゃんが降りて来てくれて、そしてそれをそのまま自然な形で音の流れに変換してピアノを演奏するというその瞬間は、「創造の瞬間」ということです。この宇宙で全く何もない中で、その瞬間に唯一無二の音楽を創出しているということ。既に2318のケイちゃんが世界中に散らばっていて700万回再生してもらっています。まあそういうことなのかなということを思いました。良ければ見てやって下さい。それにしても自分の画像の撮影がぼろすぎます。iphoneに広角レンズをつけたらちょっと付けた位置がずれていたのです。いろいろ撮影も研究しています。



◆創作メモ:

人は生まれる前、というか母親の胎内にいるとき、それは幸せな状態。意思によりコントロールできないその状態こそが、その人間の生命としての根源であり、人生の基本状態である。そして、好きな異性と出逢った瞬間の恋の電撃。これも人の意思や論理を超越した地球生命体の進化の本質。自分の音楽が探る美の本質はこの二つにある。これを極めて行きたいと考えています。

◆他:

昨日、またどかんとこのサイトの訪問者数が増えました。たくさんの曲を聴いてくれたのかダウンロード頂いたのだと思います。嬉しいことです。すごい量。

◆写真:
昔の写真を発掘しています。

ではでは..
☆☆☆☆☆

=====================================

■PS1:アマゾンプライムビデオに「醒めながら見る夢」という京都を舞台にした映画がある。前から気になっているのだけど続けて見れていない。脚本、監督は辻仁政氏。最初いきなり若い女性が緊縛師のセラピー(心縛庵という道場)を訪ねるところから始まったりするのだけど、まあとっつき悪くて見れていない。「縄を使ったセラピーをやる。こころの形は誰にもわからない。でも、縄で肉体を縛ることによって、こころの形が現れてくる。自分のこころのありかを知りたい人がやる」のだそうです。でもまあ今日は最後まで見てみようかな。若い主人公と女優の妻とその妹の話なようです。でも今日は「大鷲トリコ」の最後な予感。

■PS2:淡々と進む日々。動画撮影研究中。頑張ります。でも今日も動画出せました。再生数10とかですけどね..

■PS3:大事な日に向けての研究中です。

ところで、このブログでカテゴリという中に「古い曲」の中には古い曲が登録されています。最近は動画再生数が良く見えない感じ。

☆☆☆☆☆

◆目標半分達成のご挨拶のYoutube動画公開(再掲載です):

「ピアノ万葉集」目標の半分達成のご挨拶と2つの新曲ピアノライブ - 動画公開しました。





◆長時間Youtube動画公開(再掲載です):

プロジェクト初期の66曲(3時間)のYoutube動画を創りました。「わたしのきもち」「恋」とかの初期(2014年)の初々しい曲達が入っています。
良ければ聴いてみて下さい。


posted by Piano Music Room at 08:12| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: