2020年08月14日

why were the flowers born so beautiful



0796.jpg

「花はなぜそれほど美しく儚いものとして生まれたのだろう?」  
  −ー 岡倉天心さんの「茶の本」の中の茶室文化の説明部分からの題名借用継続です。

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。


◆お知らせ:このブログの記事を軽くさせて頂いております。ここを辞めることはありません。

◆下記youtubeチャンネル:ピアノ万葉集では日々更新されるはずです。(ずっとサボっているけどね)

  https://www.youtube.com/channel/UCJpdZkJlS_lqQC1hNR5-Rng


ではでは..
☆☆☆☆☆

=====================================

■PS1:昔のテレビ特集の「文學ト云フ事」という数分で日本の文學作品を紹介する番組があって、Youtubeで幸いにも見ることができます。これは本当によくできた作品群です。「友情」「三四郎」「朝雲」「みずうみ」「美徳のよろめき」とか大好きです。これまであまり気にしていなかった「ある少女の死まで」を昨日たまたま見たら興味を魅かれたので青空文庫で落としてみた。そのうち読んでみます。ところでこの番組のディレクターは主演女優の井出薫さんに惚れこんでしまって結婚してしまったのです。ずるいですよね。井出さん演ずる美禰子や杉子はあまりにリアルな感じで胸が締め付けられます。











■PS2:新しいアルバムの紹介動画を制作中。ちょっと手間がかかって遅れている。今日には出せるかな。
■PS3:新セレクションアルバムがちょっと好評で嬉しいです。毎日は英語曲名しか付けていないのですが、アルバム発表時には日本語名を付けます。これは結構楽しい作業です。心の想いのままに超訳で題名をつけてしまうのです。結構ドキドキとかしたりするものもあって嬉しいです。基本は曲を創ったときの気持ちを思い出しながら曲名をつけるのです。とても楽しい瞬間です。でもその曲は4年前に創った曲だったりするのです。ところで今日の写真は、通常の作業ができなかったのでちょっと前の写真。山形の山寺の旅行ポスターの写真。絶対に行ってみたいすてきな場所ですからね。

前にもお知らせしていますが、このブログで「古い曲」というカテゴリを作っています。ピアノ万葉集を始めるずっと前の時代の作品たちです。いつの日か、この曲の再生も行われることを期待しております。

☆☆☆☆☆

======== 付録なお知らせです========

◆お知らせ:新セレクションアルバム(第17選集)が公開され始めました。明日には全部公開されることでしょう。

・関連プレスリリース記事です
 https://magazine.tunecore.co.jp/newrelease/81336/

・すべての配信サービス
 https://linkco.re/cGdp1ct7

・spotify:



https://open.spotify.com/album/0N3l9dYvlDO4FF4U0XdzrC?si=uBGn5g4aR4-jXyye4-JRrg

・アップルミュージック
https://music.apple.com/jp/album/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E4%B8%87%E8%91%89%E9%9B%86-%E7%AC%AC17%E9%81%B8/1526782072

・AWA
 https://s.awa.fm/album/5a86a79b5088a7c8f114/

・ラインミュージック
https://music.line.me/artist/mi0000000000ac053a

 等々です


◆spotifyプレイリスト:すごくフォロワーが増えてくれていて嬉しい限りです

不思議だけど集中力が激増するプレイリスト:フォロワー510人 どんどこ増えていて嬉しいです。
ランダム再生すれば毎日新しい静寂ピアノ音楽を新鮮な気持ちで聴くことができるので、毎日をすばらしい時間を過すことができることでしょう。

posted by Piano Music Room at 08:36| Comment(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: