2022年12月13日

characterized by a harmony of simple linear construction



characterized by a harmony of simple linear construction

senbanka art data 221018 7.jpg

いつだって穏やかで優しく美しいフランです。


ではでは..
☆☆☆☆☆


■PS1:アトムの童?というドラマ。現代日本社会の象徴のような物語。2人の若いやり手エンジニアのまわりに10人に近い老人たちがまとわりつく組織。なんだかな?と思って見ていたらもう物語がどんどこ回り回って意味不明。なんだろな。

■PS2:ワールドカップサッカー、決勝トーナメントフェーズに入ったので試合が無い日が出始める。結果として、試合無い日は落ち着いて過ごせるようになってきました。試合がある日は大変ですけどね。あと4試合。クロアチアに頑張って頂きたい。底知れぬ対応力が魅力ですからね。                                                                                                                                                                                                               

■PS3:何かあればショートメールが便利ですよね。そろそろ山の上のお寺に行かなければなりませんよね。ケイちゃんは毎日世界に旅立ってくれています。今日で3285曲目です。芸術性の高い音楽がどんどん積み重なっていきます。考えてみればすごいことですよね。変わらぬ強さ。

☆☆☆☆☆

ここで付加していた情報はいったん全部リセットするようにします。

◆個人メモ: 最高位:58位 / 49346中@210402, 次点68位 / 49410中@210624, 次々点72位 / 49375中@210428 次々々点77位 / 49372中@210425


======= 過去のお知らせ事項 ======

◆221209: 天啓頂きました(今日で最後にします):ピアノ音楽制作やその他の部分でデジタル創作活動で一気に跳躍進化した実感があります。嬉しい限り。

実は、クロアチアに負けた夜に天啓を受けました。より進んだ、自然との連携を深めたピアノ音楽創作方法。具体的な内容は極秘ですけどすごく自然な作法。ある意味、それはとても日本的なやりかた。森の中の精霊との連携作業。この創作手法により私の創作プロセスは大きく超訳進化したことを感じています。この進化は皆様の毎日のご支援のおかげです。この曲はその手法から生まれた最初の1曲です。

In fact, I had an epiphany the night we lost to Croatia. A more advanced piano music creation method that deepens cooperation with nature. The specific content is top secret, but it's a very natural manner. In a way, it's a very Japanese way of doing things. Collaborative work with spirits in the forest. I feel that this creative method has greatly evolved my creative process. This evolution is thanks to your daily support. This song is the first one.

◆221209: お知らせ:(これもここでの掲載は今日で最後にします)
バンドの新曲情報。ミュージックビデオ公開中です。先日旅行へ行った際にIphone+DJIOsmoで撮影した海と雲の4K映像も使ってビデオ作製しましたので見て下さい。  
ゴンチチ好きなのですが、最近はまっている曲「雨雲の上」というのがあって、毎朝聴いています。なので、ゴンチチ愛に満ちた、ゴンチチオマージュ曲を創ってみたのです。ちょっと良い感じに仕上がりましたので是非聞いてみて下さい。

 

posted by Piano Music Room at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナル瞑想ピアノ演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック